腎臓病食は宅配で注文できる|一人暮らしでも安心

ウーマン

通販による病食の購入

微笑む女性

腎臓病は食事管理が難しく、手作りするとなるとかなりの負担になってしまいます。その点宅配の腎臓病食を利用すれば、作る手間もいらなくなり完璧な食事管理ができるようになります。また最近の宅配の腎臓病食は味付けやメニューはもちろんのこと、保存や調理が簡単なので、そんな理由からも利用者が増えています。

もっと見る

健康のためのメニュー

2人の男の人

腎臓病を治療している患者にとって欠かせないのは、適切な食事を毎日取ることです。そのためにはタンパク質や塩分など腎臓に負担がかかりやすいものを制限する必要があるのですが、腎臓病食の宅配サービスならば、そうした食事を気軽に宅配してもらえます。

もっと見る

腎臓病患者の食事

和食

厳守事項が多いです

腎臓病食には厳守事項が主に4点もあります。1つ目は1日のタンパク質摂取量を標準体重1kgあたりで0.6gまでに抑えることです。タンパク質は体に必要な栄養素ですが、分解する際の老廃物の排出時に腎臓へ負担をかけてしまいます。2つ目は1日の塩分摂取量を5〜7g以下に抑えることです。塩分も身体には必須ですが、過剰な摂取は腎臓に負担をかけてしまい、むくみ等を引き起します。3つ目は1日の摂取カロリーを標準体重1kgあたり30〜35kcalとすることです。食事制限をするとどうしても低カロリーになってしまいがちですが、カロリーが少ないとタンパク質を有効に活用できないという問題があります。4つ目はカリウムの摂取を控えることです。病状が進展するとカリウムの排出ができなくなり、倦怠感や体のしびれを引き起します。以上を踏まえると食物の成分量をきっちり理解しておかないと、患者の腎臓に負担をかけてしまいます。その一方で体に必要な栄養素は摂取する必要があるため、腎臓病食作りには細心の注意が必要となります。

長続きの秘訣はこれです

腎臓病食作りには厳守事項が多いため、毎日の献立作りにはどうしても苦労が伴います。しかしながら、苦労して作り上げた料理が喜ばれないこともあって、心が折れそうになった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。毎日自分一人で腎臓病食の献立を作り続けるのは無理があると言わざるを得ません。そのため、長期間、腎臓病食の厳守事項を守り続けるには腎臓病食の宅配を利用することが最も有効な手段です。腎臓病食の宅配業者であれば、プロが献立を考えてくれるので、厳守事項を守りつつ、おいしい食事を提供してくれます。大事な食事作りを人任せにするということで、宅配にネガティブな印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、腎臓病食作りがこれからもずっと続くということを考えると、食事の作り手の息抜きが絶対に必要です。適宜、プロの宅配業者の力を借りるということが、厳守事項を長続きさせる秘訣と言えるでしょう。腎臓病食に特化した業者もありますので、頼りになりますよ。

病と仲良く付き合う

和食

腎臓病食は冷凍便などで宅配できるサービスが整っており、料理が苦手な方でもすぐに食べる事が出来ます。塩分2gに慣れるには時間が掛かりますが、数週間で薄味に慣れるようになるので毎日食べ続ける事が大切です。

もっと見る